【二十四節気・夏の土用】大暑(たいしょ)と食欲不振

Health

こんにちは、まゆみです。
以前のわたしは、この時期「胃腸に影響」が出やすく食欲不振や胃もたれになりがちでした。しかし意識を「消化器系」に向けて過ごすと症状が軽減。夏もご飯が美味しく食べられて最高です。

本記事で解説する内容

  • 大暑の期間と夏の土用を知り
  • 食欲不振にサヨナラ
  • 健やかに秋を迎えよう

大暑の期間の七十二候

期間:7月23日〜8月6日頃

大暑(たいしょ)とは、一年でもっとも暑さが厳しく感じられる頃。

  • 初侯 7月23日〜7月27日頃 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)
  • 次候 7月28日〜8月1日頃 土潤溽暑 (つちうるおうてむしあつし)
  • 末候 8月2日〜8月6日頃 大雨時行(たいうときどきにふる)

 初侯 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

桐の花が実を結ぶ時期

七十二候の伝統色 空色(そらいろ)

盛夏を迎える頃には、卵形の実を結びます。桐は、伝統的に神聖な木とされ、豊臣秀吉などの天下人が好んだ花であり、現在も日本国政府の紋章として使用されています。

次候 土潤溽暑 (つちうるおうてむしあつし)

土が湿り蒸し暑くなる時期

七十二候の伝統色 藍白(あいじろ)

熱気がまとわりつく蒸し暑い頃。私たちは、この暑さを打ち水などでしのぐことしかできませんが、木や草花は緑をますます濃くして夏を歓楽しているようです。

末候 大雨時行(たいうときどきにふる)

大雨が時々降る時期

七十二候の伝統色 水色(みずいろ)

夕立や台風などの夏の雨が激しく降る頃。きれいな青空に湧き上がる入道雲は、夕立を教えてくれます。雲の頭が坊主頭に見えることから、入道雲と呼ばれています。

 

夏の土用と過ごし方

「土用」と聞くと「土用丑の日」を思い浮かべる方が多いと思います。夏のイメージが強いですが、土用は年に4回あります。

年に4回ある土用

それぞれ、立春、立夏、立秋、立冬の前、約18日間の期間です。

立春前が「冬の土用」で1月17日ごろに始まり、立夏前が「春の土用」で4月17日頃、立秋前が「夏の土用」で7月20日頃、立冬前が「秋の土用」で10月20日頃に始まります。

※土用期間は年によって異なります。

2022年の土用期間

  • 冬土用:2022年1月17日 (月) ~2月3日 (木)
  • 春土用:2022年4月17日 (日) ~5月4日 (水)
  • 夏土用:2022年7月20日 (水)~8月6日 (土)
  • 秋土用:2022年10月20日 (木) ~11月6日 (月)

土用の起源

土用は、古来中国で生れた自然界の理を説く、陰陽説と五行説を融合した「陰陽五行思想」に基づいています。五行説とは、万物は水・金・土・木・火の5つの要素で構成されていると考えた思想。

季節もこの5つの要素に当てはめて、春は木、夏は火、秋は金、冬は水の気と考えられました。 土は季節の変わり目である立春、立夏、立秋、立冬の前、約18日間に割り当てられています。この土の気が旺である期間を「土旺用事(=土用)」、 各土用の最初の日を土用の入り(どようのいり)と呼ぶ。

土用期間に避けた方が良いと言われていること

土用期間中は、「陰陽道の土を司る神様である、土公神(どくしん・どこうしん)が支配する期間」と考えられていました。土の気が旺であると言われている時期のため、土を動かしてはいけないとされています。

土を動かすというのは、土いじり、新築する時の基礎工事や増改築、引越しや新居の購入、また土用はそれぞれの季節の変わり目にあたり、体調も変化しやすい時期なので手術も避けた方が良いようです。

できるだけ新しいことは始めず、静かに過ごした方が良いとされています。

健やかに秋を迎えるために

五行説では、万物は水・金・土・木・火の5つの要素で構成されているとし、人間の臓腑も五行で分類し、それぞれの働きに対して各臓器を代表させています。

夏の疲れをそのままにせず、次の季節「秋(金)」も楽しむために、対応している臓器に意識を向けて活性化させてみることをオススメします。

土用の期間:土の特性に属する臓器は「胃と脾」

脾~消化器系の臓器です。

  • 脾の働きは主に3つあります。
    【運化】消化・吸収を調節する
    【昇清】内臓を正しい位置に保つ
    【統血】血が血管から漏れ出ないようにする

【運化】消化・吸収を調節する

胃や小腸をコントロールし飲食物から栄養や水分を吸収して【気・血・津液・精】を作り全身に運ぶ。
この働きが悪くなると、食欲不振、お腹の張り、腹痛、下痢が起こる。

【昇清】内臓を正しい位置に保つ

内臓や栄養を持ち上げる働き。
この働きが悪くなると、胃下垂,脱肛、慢性の下痢、食後の強い眠気などが起こる。

【統血】血が血管から漏れ出ないようにする

血を血管内に留める働き。

【運化】【昇清】【統血】
これらの働きに影響が出ていないか、意識を「胃と脾」に向けて観察しています

土用の期間は「胃と脾」を労ろう

夏は、冷房の効いた屋内に一日中いることや、冷たい食べ物や飲み物で身体を冷やしがち。土の特性に属する臓器「脾」の生理機能を知り、正常に機能するよう「胃と脾」に意識を向けて過ごしてみませんか?

食欲不振に悩んでいる方が健やかに過ごせますように。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました